赤いほくろは何かの病気?

先日友人から「赤いほくろができた!」と言われ、何のこっちゃと思っていたのですが、確かに実際に見ると非常に鮮明な赤色のほくろのようなものが友人の顔にできていました。

その友人は「寝てれば治る。」と対して気にしていなかった様子なのですが、私がむしろ気になってしまったので色々と調べてみました。

ネットや書籍などでこういった赤いほくろなどの症状を調べていつも感じることなのですが、あまり多くの人がかかっているような病気ではなくても、調べてみると意外と多くの人が同じ悩みを持っていることが分かります。

「他にも同じ悩みを持っている人がいる」ということは何故か非常に安心した気持ちになることができるので、非常に有難いことですよね。

そして、今回私が調べた赤いほくろについて色々調べたことをまとめてこちらでご紹介しておきます。

このサイトによって少しでも安心する人がいてくれれば、そんなに嬉しいことはありません。

赤いほくろの原因は?

赤いほくろの原因について色々と調べていると、その多くは「老人性血管腫」と呼ばれるもののようです。

これは毛細血管の膨張が原因となって起こされるもので、見た目はほくろのようですがその色が赤いことで何かの病気かと驚かれる方が多いようです。

この赤いほくろはある種の発疹のようなものですので、健康を害するといった心配はありません。

また老人性という名前がついているにも関わらず、20代や30代の比較的若い人たちでもできる場合もあるそうですので、若いからこの病気には当てはまらないということはないようです。

赤いほくろの処置としては、あまりいじくらずそのまま放置して自然に治るのを待つことで良いそうですが、どうしても目だって気になるという方は一度専門家の方に相談しましょう、ということです。

とりあえずは赤いほくろができたところで、それが重大な病気ではないということなので、まずは一安心ではないでしょうか。



このページの先頭へ