イメージ画像

寝違えて痛い首筋。
今すぐ治したい!

寝違えを治すために

寝違えなどはよく聞く言葉ですので、恐らく多くの方が一度はなったことがあるのではないかと思いますが、この寝違えって結構地味に悩ましいものです。

朝起きて、ちょっと横などを振り向こうとしたら、首が動かない。。そして痛い!

ほとんどの場合1日経てば特に何もしなくても自然とこの寝違えの症状は治ったりするのですが、長いときだと2,3日痛みが続く場合もあり、こうなってくると結構自分の生活に支障も出てきます。

これはいかん!と思い、何とかその症状を和らげるために色々調べ、そして実際に色々と試してみました。
そんな中で自分なりに効果的な方法や、また寝違えを起こさないための心構えのようなものも何となくではありますが分かってきましたので、それらの方法をこちらのサイトではご紹介したいと思っています。

まったく起こって不思議でなかった私の寝違え

結構最近の話なのですが、友人たちと旅行に行ったときに、自分のすごい寝相を写真に収められたことがあります。
その友人らからすると私がありえないような姿勢で寝ていたのが可笑しかったらしく、それをわざわざ私に見せるために写真を撮ってくれていたのですね。

親切だか不親切だかまったく分からない話ですが、そこで何故私がこれほど頻繁に寝違えを起こすのかようやく分かるような気がしました。

その写真を見ると私は枕に頭を乗せずに、首だけを載せている状態で寝ていました。
頭は布団の上側にだらんとだらしない状態になっており、しかもその頭も微妙にひねりを加えています。
こんな姿勢で寝ていたら確かに私の場合首に対する負担は非常に大きなものとなるでしょう。

ついでに大口を開けてよだれまでたらしていたのですが、言うまでもなくこれは寝違えとは何の関係もございません。

そのときから私が初めて寝違えをしないように、普段の寝相から気をつけることが始まりました。

もちろんそれでも寝ているときは無意識なので、たまにはどうしようもなく寝違えてしまうこともありますが、そんな寝違えの予防のために普段できることと、また寝違えになってしまったときにいつも私が試している方法、または世間一般で良いとされている方法などをご紹介していきます。


このページの先頭へ